社長が、神様の加護を得るためには

社長さんで、

「神様のことが好き」という方は、

想像以上に多いですね。

「金運」と「厄除け」が、

二大祈願でしょうか。

やはり「八方塞がり」などの年は

「厄除け」などを受けて、

心置きなく仕事に打ち込みたいのでしょう。

しかしそれ以上に

社長を引きつけるのは、

神の前にでた時の

理屈で言えない安堵感。

孤独や重圧など、

普段耐えていることから

解放され、包まれるだけでなく、

人知では計り知れないことを

頼れる相手なのですから。

だから社長は、

神様が好きなのでしょう。

ですが・・社長が、

神様に好かれるためには

どうしたらいいでしょうか。

数ある祈願の中で、

神様に最も喜ばれる祈願は、

「神恩感謝(しんおんかんしゃ)」

といわれます。

ほとんどの方が、

観光か願いの時しか

神社を訪れない中で、

神様からの恵みに

感謝するために神社を訪れる。

その習慣のある社長さんは、

さらに次なる加護を

得ているはずです。

だからさらにその

「神の恵みに対して、感謝する」

そしてさらに「加護を得られる」

というそのサイクルに入るのです。

#経営者の心得 #全記事一覧

タグで検索
まだタグはありません。
最近の投稿