お正月の準備その4 歳神様は、どこにお迎えするのですか?

「一夜飾りが、なぜダメか」の理由、 なるほどと思いました。

しかし次なる疑問が、生まれました。

自分は、「お正月が終わった後、

(松飾りなどをお焚き上げする)

どんど焼きの時に、

煙と共に、歳神様が帰る」

と聞かされていました。

大晦日に歳神様の引き継ぎが

あるということは、

ひょっとして歳神様は、 一年間いるのでしょうか?

今日は、このご質問に答えて。

*********************

「歳神様」というくらいですから、 本当は、その年一年、その家にいてくれます。

ところであなたは、

訪ねた先や職場などで、 あなたの「居場所がない」とき、

どう思いますか?

「居心地が悪い」「いたたまれない」 「早くその場から去りたい」 と思いませんか。

歳神様も同じです。

おまけに人の頭からも、 まったく消えてしまうのですから、

松が開けたら、どんど焼きの煙と共に いなくなってしまっても しかたない・・と思いませんか?

またもし一年間、

残ってくれたとしても、

大晦日の 新しい歳神様への引き継ぎの時に、 「この家は、一年間、 歳神としての場所もありませんでした。

辛かった・・」