嬉しいことが長続きするためには、どうしたらいいですか? その1

嬉しいことが長続きするには どうしたらいいですか? こんな、ご質問を頂きました。 ***************************** 嬉しいことは、 なかなか長続きしませんね。 人生には嬉しいこと、辛いことが、 交互にやってくるともいわれます。

それは運勢の波として、 ある程度は、やむを得ないことですが、 自分の思いや行為が、 『次の嬉しいこと』を 遠ざけていることもあります。 人と人との関係であれば、 あなたがその嬉しさを味わえるために 力を貸してくれた人のこと。 その存在を忘れずに 大切に出来れば、 その人は次の時も、今以上に 力を貸してくれるかもしれません。 しかし嬉しいときには、 それを案外見落としがちです。

そして怖いことに、見落としたことにすら 気づかないことがあります。

実は「神の手」が入ったときも 同じことが言えます。

たとえば、 足腰の悪い人が、お参りしたその場で、 腰の痛み、膝の痛みが取れて、 杖が不要になった時。 あなたならどうしますか? 多くの人の答えはこうです。 いらなくなった杖をそこに置いていく。 実際にその場所には、 たくさんの杖が残されています。 地元の人にお聞きしたところ、 よくなった方たちが 「もう、いらなくなったから」 とそのまま置いていくのだそうです。

腰の痛み、膝の痛みが取れて よかったと言いたいところですが、 私は、その方達の その後が少し心配です。

なぜなら心からの 「ありがとうございました」 の代わりに、 「もういらなくなったから」 と不要品を、神様に押しつけて そこを去っているから。

願いが叶ったときに、 心からの感謝をして、それを表せば、 次に願いごとが出たときにも、 その方の願いを叶えて頂けます。 いえ正しくは、願いが叶う為の 「神の手」を入れて頂けるでしょう。 奇跡が起きたとき、 嬉しいことがあったときにこそ分岐点、

神様も、手を貸してくれた人も 一番見ているとき。 嬉しさを長続きさせて さらに嬉しいことを呼び込むためには、 心からの感謝とまごころを、 言葉と出来れば何らかの形に表すこと。 これがまず第一です。 やはり神様や、力ある人の後押しを受けて 何倍も加速した人生を送りたいですね。 だからぜひ! *********************************** ◆ 神様のこと、神社参拝、神棚のこと  そして年中行事をはじめとする  日本のしきたりのことなどで、  分からないことやブログで  記事にして欲しいことはありますか?  ぜひお気軽にあなたの声をお寄せ下さい。  お待ちしています。 ご意見・ご質問はこちら

#生き方 #全記事一覧

タグで検索
まだタグはありません。
最近の投稿