本物は、繰り返しに耐える

情報があふれている時代ですが、 そんな中で人生の指針になる方や その方の本と出会ったとき、 さーっと読み流し、 聞き流しにしてしまうのは、 少しもったいないですね。 時代の流れと、逆行するようですが、 相手からその真価を学び取りたいと思う時の 読み方・聴き方の提案です。 昔から「読書百遍、意自ずから通ずる」 と言う言葉がありますね。 同じものを繰り返し百回読めば 書いた人の意を自然に受け取れる という意味ですが、 この情報のあふれている時代に、 そんなこと出来るわけがない・・ でしょうか? いえ、これだけ情報のあふれている 時代だからこそ、 百回でも繰り返し読む価値のある本、 聴く価値のある話に 出会うことが大切なのです。 それは人生を通じて、 仕事に悩んだとき、 行き詰まったとき、 あるいは人生の方向を決めたいとき 新たな決意をするときの 指針となりえるからです。 そんな本、あるいはそんな人に 出会っていますでしょうか。 本物は、繰り返しに耐えます。 もしこれはと思う人、 あなたが人生の指針になって欲しい と思うほどの人がいたら、 ぜひその人の本、その人の話を 五回十回と繰り返し読んだり 聴いたりすることをしてみて下さい。 本物であればあるほど、 繰り返し読むほどに 聴くほどに、新たな気づきが 出てくるはずです。 それは相手の人の中に その何十倍ものストックがあって、 それが繰り返している間に こちらに伝わってくるから・・です。 そのときすぐに発動しなくても、 それはきっとあなたの人生の力に なってくれるはずです。 *********************************** ◆ 神様のこと、神社参拝、神棚のこと  そして年中行事をはじめとする  日本のしきたりのことなどで、  分からないことやブログで  記事にして欲しいことはありますか?  ぜひお気軽にあなたの声をお寄せ下さい。  お待ちしています。 ご意見・ご質問はこちら

#生き方 #全記事一覧

タグで検索
まだタグはありません。
最近の投稿