時間軸を変えて、人生を見つめる

品物は、一時手放しても、 後から買い戻すことが出来るが、 過ぎ去ってしまった年月を 買い戻すことは出来ない。 時とは、それほどに貴重なもの。 しかし日常の忙しさに流されていると、 砂時計の砂が音もなく落ちるのに、 気がつかないで過ごしてしまう。 私たちは、時が過ぎていくのを 止めることは出来ない。 だからこの先の人生に、 与えられた時間を、 どう過ごしたらいいかは、 時々は振り返って考えてみたい 大事なこと。 今までがむしゃらに、過ごしてきた人も、 目の前のことから、少し離れ、 一度こんな時間軸で、 人生を見つめて見てはいかがだろうか。 それは十年先、二十年先の自分。 「年をとった時の自分」 という意味ではなく、 そのときにまでに、 あなたが成し遂げたいことは何か、 ということ。 目の前のことに集中することも、 もちろん大事だが、 時には、十年先、二十年先までに 自分が何を成し遂げておきたいか、

それに目を向けることも、 これからの人生をより活かすことに繋がる。 自分にしかできないこと、 それを見落としていることはないだろうか。 「あぁ、時を巻き戻して、やり直したい」 と思うのは、昨日のことや、一年前のことではない。 たいてい「十年前の自分に戻れたら」 「二十年前に戻って、もう一度やり直せたら・・」 だからだ。 そして十年、二十年という時間軸で 人生を見つめたときに、 今まで気づかなかった気づきや 本当になすべき大事なことが、 見えてくることも多い。 結果として 価値ある時間の使い方が出来るはず。

****************************************** ◆ご質問など、どうぞお気軽に あなたの声をお寄せ下さい。  神様のこと、神社参拝のこと、神棚のこと  そして年中行事をはじめとする  日本のしきたりのことなどで、  分からないことやブログで  記事にして欲しいことはありますか?  ぜひお気軽にあなたの声をお寄せ下さい。  お待ちしています。 ご意見・ご質問はこちら

#生き方 #全記事一覧

タグで検索
まだタグはありません。
最近の投稿