トップに第六感は必要か その2 出会いは神わざか

前話は、

トップに第六感は必要か」でした。

今日はその続編です。

私の体験で恐縮ですが、

『出会いは、神わざか』

と思った体験ですので、

ご紹介させて下さい。

ある方からイベントの

ご案内を頂いた時のことです。

「どうしてもこのお祝いには

参加しなければならない」

と強く背中を押される感覚がありました。

「えっ?なぜ?」

「この方とは、まださほど親しくないし、

突然伺ったら、相手の方が驚くのでは」

と何度も思ったのですが、

日を追うにつれ、

「行け!」の声は、

強まるばかりなのです。

第六感というか

自分の奥の声が命ずるのですね。

出席しました。

そしてその席上で、

普段お目にかかる機会は

おそらくないであろう方たちと

親しくなることが出来ました。

そのときは「人脈をつくろう」

という思いで行ったのではなかったし、

人をかき分けて前に出て、

自分を強くアピールすることも

出来ませんでした。

(ニガテです)

でも「この方とお会い出来たのは、

私の心の財産」と思える方たちと

出会えたのです。

奇跡の出会いというと大げさですが

本当にそれを感じています。

あなたにとって、将来の大切な人、

必要な人との出会いを、

たぐり寄せられますか?

物事が大きく開けるのは、

自分と自分を支えてくれる方たちの

汗や努力に加えて

運や新たな縁を得たときとも言われます。

第六感は、そんな出会いを

知らせてくれることもあるのです。

第六感の磨き方は、次回に。

******************************************

◆ご質問など、どうぞお気軽に

あなたの声をお寄せ下さい。

 神様のこと、神社参拝のこと、神棚のこと

 そして年中行事をはじめとする

 日本のしきたりのことなどで、

 分からないことやブログで

 記事にして欲しいことはありますか?

 ぜひお気軽にあなたの声をお寄せ下さい。

 お待ちしています。

ご意見・ご質問はこちら

#経営者の心得 #全記事一覧

タグで検索
まだタグはありません。
最近の投稿
月別アーカイブ
フォロー
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square