幸せは、自分が感じるもの

「幸せは、自分が感じるもの」

そう私の母は言いました。

それはこんな話でした。

「幸せとは、

まわりの人が決めるものではなくて、

本人が感じるもの。

まわりの人全員が、

あなたは、あんな大きな家に住めて

うらやましい。

ご主人は仕事でも成功して、

高い地位にもついている、

経済的にも豊か。

子供も優秀だし、

あなた自身も、健康で美しい。

何一つ欠けることなんてない。

『あなたは、なんて幸せな人なんだ』

と言われても、

実際は、家の中が冷え切っていて、

家族が互いに口も聞かない状態。

でも、それが全然平気な人なら、

そのままで、幸せかもしれないし、

反対に、それが寂しくて切なくて、

どうしようもないくらい辛い毎日だとしたら、

必ずしも幸せとは言えない。

また、毎日仕事が大変で、

遊ぶ時間も無いほど忙しい。

大変だね~

と言われても、

本人がその仕事に、

生き甲斐を感じて、

時間が過ぎるのも忘れるほど

熱中するほど取り組んでいられたら、

そして家族も心が通い合って、

互いにいたわり合って暮らしていて、

本人は、それにものすごく、

幸せを感じていたら、

その人は、幸せ。

だからその人が幸せかどうかは、

周囲が決めることは出来ない。

自分自身が、

幸せと感じることが出来れば、

それが幸せ。

そしてどんなに満たされていても、

満足することを知らなければ、

その人は不幸かもしれない。

だから・・

幸せを感じることの出来る感性を、

養いなさい」

母は、その時々で、幸福感について、

色々な例で話してくれました。

あなたは、何が満たされた時が、

一番幸せを感じますか?

#生き方 #全記事一覧

タグで検索
まだタグはありません。
最近の投稿