死ねば、全てが終わるのか?

生きていることは、

素晴らしいことだけれども、

時として生きるのを

やめたくなるほど辛い時もある。

もう、限界だ、

もう、これまでか、

と思うことはありませんか?

今、しがみついている、

この手を離してしまえたら、

それで楽になれたら、

どんなにいいだろう。

死ねば楽になる。

そう言う人もたくさんいます。

しかし、そうした形で死んでも、

人は、決して楽になることはないのです。

これは断言できます。

自ら命を絶った人は、

亡くなったときの状態のまま、

あの世で長い時を

過ごさなくてはならない。

自ら命を絶った人が、

生きている時以上に

あの世で苦しんでいる。

少し特殊な話で恐縮ですが、

その場面を何回も見てきました。

こう言うと、

「あの世のことなんかわかるのか」

という人もいらっしゃるでしょう。

しかし人が死んだ後も、

あの世で過ごす時間は厳然とあるし、

それは生きている時の生き様、

そして自殺という選択肢をしたときは、

死に様も、あの世での行き先に

大きな関わりを持ってしまいます。

この話は、いきなり受け入れにくい人も

多いと思います。

私自身もそうした世界を見ることは、

あまり得意ではないので、

この話を出すことを

かなりためらいました。

しかしそれをお伝えすることで、

この先に、「生きることをやめたい」

と思うほど

人生に追い詰められたときにも、

思いとどまる力になりたい。

死の誘惑をはねのける力に

なりたいと思い、

思い切って出しました。

『死んで、全ては終わらない

楽になることはない』

『自ら死ぬ選択は、

絶対にあり得ない』

と腹をくくったら、

どんなことでも乗り越えられる

と思いませんか?

企業を経営しているなど、

責任ある立場にいると、、

またたくさんの人の目に

晒される立場にいると、

時として、人の後ろについていれば

こんな苦労はしなくていい、

人の何倍ものプレッシャーを受けなくていい、

ということも少なくありません。

死にたいと思うほど辛い時。

全てを投げ出して、

楽になりたいと思う時、

その時、それでも乗り越えていくことは、

自分との闘い。

厳しいけれど、辛いけれど、

それでも生きていることは素晴らしいと、

必ず言える時を信じて、

そんな時を乗り切っていきたい。

ネバー ギブアップです!

#生き方 #全記事一覧

タグで検索
まだタグはありません。
最近の投稿