本物の経営者は、目に見えない力を味方にしている

「事業に成功したのは、自分の実力だ。

そして人の何倍も努力したからだ」

という人がいます。

それは確かです。

しかし人の成功の背後には、

自身の実力や努力の他に、

「運」や「縁」や「ツキ」

さらには、

目に見えない何らかの力の

後押しがあって、

大きく成功していると言えます。

実は成功した方の多くは、

このことに気がついています。

だから本物の経営者は、

神様の存在をだれよりも

感じているかもしれません。

ある経営者の方が、

会議の中で、息子たちにたずねました。

十年間で、十倍に売り上げを伸ばした

ことについてです。

「うちの会社が、この十年間

なぜ毎年伸び続けてこられたかわかるか?」

「それは、オヤジが頑張ったから」

「それは、自分もこれだけ貢献したから」

「○○社と、大きな取引が出来たから」

しかしお父さんは、こう言いました。

「いや違う。皆、頑張った。

しかし最大の理由は、

一にも二にも強運だったからだ!」

「だから、この運を離してはならない」

そうお父さんは告げたかったのでしょう。

この方は、出身地の村の

小さな神社ではありますが、

一人で、ほとんど建て替えが

出来る程の寄付をして、

地元の発展に貢献しています。

外国の方は、

そうしたことを浄罪と言われるそうです。

確かに事業をしていると、

法に触れはしないものの、

知らず知らずのうちに、

罪を犯している?

こともあるかもしれません。

外国の大富豪といわれる方は、

驚くほど多額の寄付をされることがありますね。

しかし日本では、罪を消すというよりも、

そのまま目に見えない加護と後押しに、

心からの感謝の気持ちで

「(寄付を)「させていただく」ほうが、

より自然で、

この先も目に見えない力を味方にして

成功していく力を授かれでしょう。

#経営者の心得 #全記事一覧

タグで検索
まだタグはありません。
最近の投稿