「この判断で、よかったか」と自らに問う時

「この判断でよかったか」

「この決断は、正しかっただろうか」

責任ある立場の人は、

いつも自分にそう問いかけているでしょう。

そして一人で考え、自らに問う時には、

側近の人にも、家族にも言えないことも

あるはずですね。

ある方から、こんなお話を伺いました。

経営者は、自分の判断がこれでよかったか

これで正しいだろうかと

常に、自らに問いかけています。

自分のまわりにいかにたくさんの人がいようとも、

それを理解してくれる人はいない。

それを理解してもらえるのは、

自分を支えてくれるまわりの人ではなく、

皮肉なことに、敵方の大将

もっとも手強い人だったりするのですよね。

だから経営者は、本当の意味で

神仏を頼るのだと思います。

「自分の判断は、

これでよかったのでしょうか」

自分には、その答えは聞こえません。

でも問いかけずにいられないのです。