第五十七話 一月二十一日の鏡開き

「なぜこの時期に鏡開き?

もう鏡開きはとっくに

終わったではないか」

と言われるかもしれません。

今日のお話しは、

9日のブログで、「鏡開きで

【そこに込められた神様の力】を

全部頂き方は、二十一日に」

とお伝えし、鏡開きを

待ってくれていた方へのものです。

お待たせしました。

大事な力、総て受け取って下さい。

今日はそのやり方をお伝えします。

まずは鏡開きを行う人ですが、

必ず一家の長、会社の長が行います。

これは副社長であっても

「副」の人ではもらえない、

家庭では「奥さん」が

代行出来ない行事です。

絶対に家長、社長が行って下さい。

実質奥さんが実権を握っていたとしても、

絶対にやらないで下さい。夫がします。

ただし夫が亡くなっている場合は、

奥さん、お母さんが家の長として

家を支えているわけですから