第五十三話 歳神様をお迎えする 松飾りの飾り方

歳神様を迎える準備についてです。

まず門または玄関の左右に門松を飾ります。

門松は「神様のお越しを松(待つ)」

という意味もあり、感謝の気持ちで

歳神様をお迎えするためのものです。

門松は「神様の依(よ)り代」や「安息所」

と言われることもあります。

しかしそれでは歳神様は家の外。

門のところや玄関の前までです。

今年こそ良い年にと願いながら、

福の神様を家の中には

招き入れないことになります。

そのくせ、二月に

「福は内!オニは~外!」

などと言ったら凄く失礼ですね。

おせち料理も本来は、

歳神様に捧げるために

作られたといわれていますが、

外で召し上がって頂くのは

おかしいのです。

正式な門松を用意するならば

十一月中に注文する必要がありますが、

簡易なものであれば